地域科学研究所の地球環境への取り組み

地球の温暖化

近年は地球の環境の様々な問題があります。特に重要視されているのが地球温暖化ではないでしょうか。現状の対策として世界規模で二酸化炭素の排出規制なども行われていますよね。二酸化炭素は産業革命がおこる以前とくらべると、その排出量は1.3倍に増加していると言われています。これは石油などの化石燃料の利用の増加によるものが大半を占めているそうです。

また、メタンも二酸化炭素に次ぐ地球温暖化の原因だと言われています。産業革命後に二酸化炭素が1.3倍になったのに対して、メタンは2.5倍とより増加しているのです。ですが、メタンに関しては2000年代からはほぼ増加率は0で横ばいの状態になっているので、これ以上増加するというのはなさそうです。

ですから、重要視されるのは排出される二酸化炭素の低減です。その対策として、「低炭素社会」というキーワードが登場しています。

低酸素社会の実現のためには

低酸素社会を実現させるためには、まず、どれだけ二酸化炭素が排出されているのかを知る必要があります。国際規格であるISO14000シリーズの中で、ISO14064やISO14065といった規格では、温室効果のあるガスの排出量、また、収集量の算定や認証を規格化しているのです。

基本的な手法としては、まず、省エネが挙げられるのではないでしょうか。様々な器具や道具等でエネルギーの消費を抑えることができれば、排出される二酸化炭素は減らすことができます。また、現在も中心となっている化石燃料から、他の再生可能なエネルギーに変えることができれば、二酸化炭素の排出は減らすことができますよね。

地域科学研究所の低炭素社会への取り組み

西日本を中心に業務を展開する地域科学研究所でも、この低酸素社会というものへの取り組みを行っています。東京都環境局の「照明の間引き対策実施のための手引き」を参考にして、休憩時間等は電灯類の消灯を積極的に行っているようです。また、自然光を有効活用できるオフィス空間を作ることで、電気の使用量を減らすことも目指しているようです。

他にも社用車をハイブリッドカー等のエコカーとすることや、公共の交通機関を利用することで化石燃料の使用を削減できるように取り組んでいるようです。

また、社内で発生する廃棄物に関しては、きちんと分別することはもちろんですが、リサイクルが可能なものはリサイクルに回すといった資源の再利用というのも、低酸素社会の実現のための取り組みの一つとして行っているようです。

低炭素社会というのは、すぐに実現できるものではありませんが、こういった取り組みを続ける企業や人が増えることで実現できるのではないでしょうか。